1. 植毛ができる東京の病院TOP
  2. 自毛植毛に関するコラム
  3. ≫自毛植毛ってなに?その施術内容や値段、かかる期間を解説

自毛植毛ってなに?その施術内容や値段、かかる期間を解説

自毛植毛に関して、この手術を増毛手段と一種だと考えている人が非常に多いですが、それは完全な間違いです。

自毛植毛は、増毛手段ではなく、あくまでも発毛手段の一種として行われることになります。

手術に成功すれば、その後に移植した髪の毛が抜けたとしても、また発毛を期待することが出来ます。

自毛植毛は、男性型脱毛症を治療するための最も効果的な手段として医学的な見地からも考えられています。

日本皮膚科学会の定めた「診療ガイドライン」でも奨められているますので、その効果に関しては疑いようがありません。

発毛までの期間について

まず手術から2日から3日程度で、髪の毛の定着できているかどうか確認します。

そしてその後、大体1ヶ月から2ヶ月程度で最初の脱毛作用が生じます。

その後の経過観察によって手術が成功しているかどうかを確認することができます。

髪の毛が定着した後は洗髪を行って構いませんし、自由にヘアスタイルを決めることもできます。

アフターケアもあまり気にする必要が無いのもメリットの一つです。

料金はどれくらいかかるのか

自毛植毛の値段は、手術費用が大半になります。ですからその計算の仕方を知っておく必要があります。

自毛植毛は、ドナーとして移植される自毛の本数が基本となります。

この時、髪の毛1本ずつで計算するのではなく、1株という単位で計算しますので間違わないようにしましょう。

1株というのは、数本の髪の毛を一つの束と見なして考えることを意味します。

頭皮の薄毛の面積を計測して、その頭皮の面積にどのくらいの株が必要になるのかを考えます。

それぞれのクリニックには、手術によって必要になる株の単価が存在しますので、その単価と頭皮の面積を比較すれば手術にかかる値段がわかります。

単価に関してはそれぞれのクリニックで異なりますので、事前に確認しておく必要があるでしょう。

自毛植毛の相場は、個々人の頭皮の薄毛の面積によってかなり異なります。

薄毛の面積が小さいのならばそれほど大きな費用は必要になりません。

逆に面積が大きいのであれば、それに比例して費用も高くなります。

なお詳しいかかる費用に関してはこちらの記事でより詳しく解説しておりますので、合わせてご確認ください。

進行状況別、自毛植毛の費用

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。