1. 植毛ができる東京の病院TOP
  2. 自毛植毛に関するコラム
  3. ≫自毛植毛の費用は?進行状況別、必要グラフト数とその料金

自毛植毛の費用は?進行状況別、必要グラフト数とその料金

植毛をする場合、薄毛の進行状態によってどの程度移植が必要か、またそれにかかる費用なども異なってきます。

病院ごとに費用は違いますので一概には言えませんが、おおよその目安はありますのでご紹介します。

進行度合い別、必要グラフト数とその費用

まず、最も薄毛の進行度合いが軽度なM1型の場合、改善するために必要なグラフト数は500株ほどであり、費用は65万前後です。

軽度なM字がさらに進んだM2型の場合は、必要グラフト数は1500株、費用は130~160万前後かかるとされています。

頭頂部のみが円形に脱毛しているO型の場合、必要グラフト数は2000株、費用は160~190万ほどになります。

O型の進行状態に加えて後頭部まで薄毛が広がっているH型は、グラフト数は2500株、費用は200~230万前後とされています。

また、最も薄毛の状態が深刻である頭頂部が円形に脱毛している状態からさらに進んで後頭部まで広がっているいわゆるC型の場合、必要なグラフト数は3000株であり、費用は240~270万円前後とされています。

自毛植毛は保険適用外。事前にクリニックに確認しましょう

このように、植毛においての治療費は基本的に保険適用ができずに高額になるのが一般的です。

薄毛治療は、すぐに治療しなければ命に関わる病気ではないため、美容整形などと同じく厚生労働省の医療保険の適応ができないためです。

最初にも申しました通り、必要となる費用はそれぞれの病院によって異なってきますので、事前に確認してから施術を受けるのが望ましいといえます。

植毛にかかるお金は、基本手術費と移植本数によって算出されます。一概に相場で正しいとも言えませんので、詳しく知りたい人は移植を受けるクリニックに直接聞いてみるのが良いといえます。
植毛ができる東京の病院

一見するととても料金が高く感じるかもしれませが、生涯にかかる薄毛の治療費用を考えると決して高いものではないです。

むしろ高い確率で発毛できることと、薄毛が改善することを考えればコストパフォーマンスも悪くないといえます。

今度こそ本気で薄毛を改善したい人、様々な育毛剤や発毛剤を使用しても効果が期待できなかった人は、ぜひ一度植毛施術を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。