1. 植毛ができる東京の病院TOP
  2. 自毛植毛に関するコラム
  3. ≫額の生え際が後退(M字はげ)してきました。自毛植毛を考えていますが、費用はいくら位かかるのか解説

額の生え際が後退(M字はげ)してきました。自毛植毛を考えていますが、費用はいくら位かかるのか解説

薄毛の中でもM字はげは、ポピュラーな薄毛の進行状態といえます。

見た目としても目立つ場所であるため、気にしている方も多いです。

自分で対策できる育毛剤や発毛剤といったものだけでは、なかなか改善できないこともあることでしょう。

そういった場合には自毛植毛が適しているといえます。

植毛にかかる費用について

植毛は、基本的に保険適用ができずに自由診療となります。クリニック毎にの料金が設定されています。

費用は「基本施術費用」と「移植本数」によって算出されます。薄毛の進行度合いが深刻であればあるほど、その費用はどんどん高くなっていきます。

最も薄毛が進行した状態である、いわゆるC型と呼ばれる薄毛の場合は、個人差もありますが200万以上となるのが一般的です。

その点、薄毛の進行状態の中でも生え際だけが後退しているM字はげの場合、移植本数が比較的少なくて済みます。

施術費用も抑えられるというメリットがあるので、ほかの改善法では効果が期待できないのであれば、自毛植毛施術を受けるのは良い選択肢といえるでしょう。

ただ、M字はげの薄毛にもまだそこまで後退しているわけではない軽度な状態と、より進行して剃りこみのようになっている状態によっても費用は異なるとされています。

M字はげの進行度合いによる費用

軽度な場合のM字はげの植毛にかかる費用は、だいたい60~70万前後が相場とされています。

それに対し、重度のM字ハゲの場合は130~160万ほどかかることもありますので費用の幅が大きいといえます。

そのため、まずは植毛専門クリニックで無料カウンセリングを受けて、専門医に自分の生え際がどの程度の進行状態なのかを見極めてもらうことをオススメします。

植毛ができる東京の病院

その上で予算と見合うようであれば施術を受ければよいのではないでしょうか。

費用についても、クリニック独自の料金設定を設けていますので、どのくらい費用が必要なのかは必ず確認するようにしてください。

クリニックによっては、一括で支払うのが難しい方向けの「メディカルローン」を準備していることろもあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。